第32回 更新履歴
  2日間のまつりが無事終了しました
  実行本部安全祈願
  8月4日朝の実行本部会議
  会場照明設置
  みこし運行説明会
  最後の会議実行本部全体会議開催
  プログラムが確定しました
  交通規制図を掲載しました ( gifpdf )
  7/4 郷土芸能部会幹事会開催
  6/24 ポスター貼り・備品チェック
  6/22 みこし部会総会開催
  6/22 2日間のプログラム掲載しました
  6/18 第1回宮っ子よさこい代表者会議開催
  6/12 おどり部会総会開催
  6/11 パレード部会総会
  6/8 今年の宮まつりポスター決定
  6/4 第1回みこし部会幹事会開催
  5/28 第1回実行本部出向者会議開催
  4/27 第32回「ふるさと宮まつり」開催委員会総会開催
  みこし部会幹事会開催
  第32回「ふるさと宮まつり」事務局会議開催される

2日間のまつりが無事終了しました
 第32回ふるさと宮まつりの全ての演目が終了いたしました。4日は一日晴れた良い天気の中約25万人者観客の中で開催されました。5日は生憎の夕立により開会をするも20分間の中断後再開されました。詳しくは後日報告書ができ次第更新いたしますのでしばらくお待ち下さい。
実行本部安全祈願
 会議終了後、二荒山神社にて2日間の宮まつりの安全を祈願し、石下実行本部長の音頭で安全祈願を行いました。
 これで2日間安全な宮まつり運行が出来る事と思います。
8月4日朝の実行本部会議
 いよいよ待ちに待った宮まつり1日目の開幕です。
 
昨日は遅くまで会場内の照明、音響、自転車等の確認と、開催中に実行本部の生命線でもある無線機のチェックが遅くまで行われました。
 第1日目の本日は朝10時に実行本部会議が行われ、それぞれ担当毎の最後のチェックと、士気を高めるために全員で「檄」」を行いました。
 会場でオレンジ色の半纏を着たメンバーが実行本部の者です宮まつりに関することは何でもお聞き下さい。また運行中は実行メンバーの指示に従ってください。
参加者と観客皆様が安全で楽しく宮まつりを楽しむため努力しております。ご協力お願いします。
会場照明設置
 宮まつり開催1週間前には大通り会場の照明の設置が行われました。
 会場を明るく保ち、安全に演目が運行出来るように設置しております。
 通行中のお車や近隣の方々には大変ご迷惑をお掛けしましたが、ご理解のほどお願いいたします
みこし運行説明会開催
 実行本部全体会議のあと、みこし部会の最終的な運行説明会が開催されました。
 今年は土曜日の運行に関し、早番みこし(こども中心)遅番みこし(大人中心)と各参加町会のご理解ご協力のもと出場数を調整し、スムーズな運行が出来るように工夫をしました。
 また最終確認事項の一つとして半纏あわせ行われました
実行本部全体会議開催
 いよいよ第32回ふるさと宮まつり開催の為に開催をしてきた各部会の会議と実行本部の運行会議の最終会議が7月27日に市役所14階の大会議室にて開催されました。警察署や消防署から当日の諸注意事項が伝えられ、当日に向け緊張が高まった来ました。その後実行本部メンバーに対し最終の打ち合わせが行われ、いよいよ本番へのカウントダウンです。
郷土芸能部会幹事会開催
 いよいよ宮まつり開催まで丁度一ヶ月となった7月4日、郷土芸能部会幹事会が開催されました。18年度の決算事業報告につぎ、今年の参加について話合いました。昨年は二荒山神社の神楽殿(階段を上がり本殿右側)にて開催をしておりましたが、今年は多くの市民に宇都宮の伝統芸能を披露する為に、オリオンスクエアにて開催をすることになりました。また役員改選の年でもあり宗円獅子舞の代表者が部会長、逆面獅子舞の代表者が副部会長に決まりました。
 本年の開催=8月4日(土)15:00〜宗円獅子舞・篠井金堀唄、8月5日(日)15:00〜瓦谷の神楽・逆面獅子舞
ポスター貼り、備品チェック
 6月24日には宇都宮市内中心街を中心に、実行本部(宇都宮青年会議所・宇都宮青少年団体連絡協議会)のメンバー(総勢約40名)により今年のまつりのポスターを掲示いたしました。宮まつり開催約1ヶ月前のこの時期、宇都宮はいよいよ夏祭りの雰囲気が漂ってきました。
 また宮まつり当日に使う備品を旧水道局内にある倉庫にて備品の点検整備が行われました。大きな看板から小さな小物まで数百点にのぼる備品を一つ一つリストと照らし合わせ、壊れていないか?数は足りるか?等、真剣にチェックが行われました。
 開催委員会としては、この二つの重要な行事が終わることにより、いよいよ宮まつり本番!今一度初心にかえり気を引き締めて進めて行きたいと思います。
平成19年みこし部会総会開催
 6月22日にみこし部会総会が開催されました。他の部会同様18年度の事業報告・収支決算報告と19年度みこし部会の事業について議事が進められました。
 今年度は開始時刻が30分早くなり、日曜日には今春合併された上河内町と河内町から「梵天」も参加することになっているので、全体的な運行が昨年とは変わった点が多いため、時間をかけじっくり話しあわれました。特に土曜日の早番遅番の出場規程も新しく定めたこともあり、参加予定町会の役員達にも驚きの声が上がりました。
 限られた時間とエリアで参加者や観客が安全にまつりを楽しんで頂くための新しいルールですのでご理解ご協力をお願いします。
 今年の参加予定=4日(土)早番15団体32基、遅番26団体32基。5日(日)18団体24基。(6月22日現在予定)
第1回宮っ子よさこい代表者会議開催
 6月18日に宮っ子よさこい代表者会議が開催されました。年々参加者多くなり今年は32団体約1700名(6/18現在)と宮まつりに定着し、そして確実に発展を遂げております。限られた時間と会場を有効活用するため実施要項が綿密に協議されました。
 8月5日(日)午後6:00〜8:27、上河原交差点〜宮島交差点までの会場に宮っ子よさこいオリジナル曲「BON MIYA(ボンミヤ)」のリズムに合わせ、参加団体それぞれのオリジナル振り付けで、10分1クールを4回A・B・C班交代で行います。
第1回おどり部会総会開催
 6月128日におどり部会が開催されました。昨年度の事業報告及び収支決算報告、19年度事業計画の審議が行われ、全て満場一致で可決されました。
 今年は8月5日(日)の午後1時〜3時まで、オリオンスクエアにおいて「民謡民舞の祭典」(宇都宮市内の民謡・民舞会のおどり披露)が行われます。(16団体参加予定)
パレード部会総会開催
 6月11日に今年最初のパレード部会総会が開催されました。昨年度の事業報告及び収支決算。19年度事業計画そして役員改選が行われました。会長は清原ジュニアマーチングバンド代表の佐藤孝則さんが留任と決まりました。
 指導者不足や少子化の影響により残念ながら年々参加者が減少しており、数年前から広く参加しやすい演出として「定置演奏」を行っております。今年は昨年末にオープンしたオリオンスクエアにおいて8月4日(土)午後1時より開催を致します。
 参加チームは昼の部=11団体、夜の部=6団体となっております。
今年の宮まつりポスターの図案が決まりました
 ポスターの図案が決まりました。今回の応募作品は宇都宮市立東小学校6年の丸山澄人くんの作品です。
丸山くんは宮まつり第1日目(8月4日)のオープニングセレモニーに於いて、宇都宮市長達とともに2日間の開催の幕開けのテープカットに参加して頂きます。丸山くん素晴らしい作品をありがとうございました。
第1回みこし部会幹事会開催
 6月4日に1回目のみこし部会幹事会(名簿総勢16名)が開催されました。6月22日に開催予定の総会に向けて、昨年度の事業報告及び決算報告がなされました。
 そして19年度第32回宮まつりの事業計画が発表され、今年から宮まつりが4時30分〜9時までと、例年より30分前倒しによる時間の延長がなられたことが、宮まつり関係各部会で初めて発表されました。
 このことにより、32回の宮まつりの歴史上2度目の時間の枠組み変更で、さらに皆様に楽しんで頂ける宮まつりづくりに心力を尽くす限りであります。
 また、例年の通り担ぎ手が不足している参加町会に、一般公募による担ぎ手の募集の確認をしました。詳しくは宮まつり開催員会までお問い合わせ下さい。
第1回実行本部出向者会議開催
 5月28日に今年の宮まつりの運営に関して、実行本部を預かる(社)宇都宮青年会議所内で、宮まつりの会議が開催され、2日間全体の大枠の説明から、各担当毎に別れての分科会が行われました。
 青年会議所内で宮まつりを担当する委員会(宮まつり事務局会議に出ている委員会)メンバーが熱心に説明をする姿に、ベテランから新人のメンバー全てが聞き入り、特に2回目になる「宮っこパレード」や現在のメンバーは初めてになる「梵天」について熱心に説明を受けていました。
 今回は新規参加種目等の関係で、各部会の会議開催が例年より遅れている関係や一回目の会議でもあるので、早めに切り上げ、次回開催までの宿題等が出されていました。
 当日までこの会議は5回開催される予定です。
第32回「ふるさと宮まつり」開催委員会総会開催
 今年の宮まつり開催にあたり、大きな会議「開催委員会総会」が4月27日に開催されました。
まず昨年度の第31回ふるさと宮まつりの実績報告(第31回「ふるさと宮まつり」報告ページを参照下さい)及び収支決算がなされ、
満場一致で可決されました。
続いて今年度第32回ふるさと宮まつりの事業計画及び収支予算についての審議があり、
事務局会議にて何度も検討された2日間の
事業計画が審議可決され、大枠が決まり本格的な動きが始まりました。
 今年4月に上河内町、河内町と宇都宮市とが合併し、新たな種目として羽黒山神社で古くから行われている大祭「梵天まつり」の
梵天がふるさと宮まつりに参加します。
宮まつりに梵天が参加するのは約10年ぶりです。(前回の参加は宇都宮市平出町にある平出雷電神社の梵天です) 
みこし部会幹事会開催される
ふるさと宮まつりの演目の中で本年最初に「みこし部会幹事会」が1月23日に開催されました。
 土曜日の運行が詰まってしまい、スムーズに進まないので何か対策を考えなければ、ということで幹事会のなかで活発な意見やアイデアが出され、我々運営側だけではなく、参加者であるみこし部会幹事と共に危機感を共有し、何らかの方策を模索する事に決まりました。
  みこしの運行については、事務局内で毎年議論がなされ、ここ数年様々な対応策を困じてきましたが、思いの外スムーズに進まない為、抜本的な対策が必要ではないかと議論がなされております。
  ここ数年では第23回時にスケジュール通りに進んだ以外は、天候不良によるスケジュール変更や、時間的な問題で途中退出するなど当日実行本部運行責任者が苦労を重ねております。 
  今後みこし部会幹事会並びに運行会議で抜本的な対応策が出ることを期待しております。
第32回「ふるさと宮まつり」事務局会議開催される
 新年を迎え、この冬宇都宮では雪も降っていないほど暖冬ではありますが、朝晩はさすがに寒くまだしばらく寒い日が続くと思うと、夏が恋しくなってきます。
 宇都宮の夏と言えば「ふるさと宮まつり」です。32回目になる本年、皆様に愛され楽しんで頂く宮まつりにするべく平成19年1月18日(木曜日)産業会館2階会議室に於いて今年最初の宮まつりの会議が開催されました。
夏のまつりですが、1月から会議を重ね、安全で安心して参加・見学が出来るように細部まで詰めているのです。
 スタッフ以外の方から見ますと「毎年同じ事をやっているのに何で・・・」と不思議がられますが、事務局構成団体4団体(宇都宮青年会議所・宇都宮青少年団体連絡協議会・宇都宮商工会議所・宇都宮観光コンベンション協会)のスタッフの内主体となって運営を司っている、(社)宇都宮青年会議所の宮まつり担当委員長(ふるさと宮まつり総括責任者)が毎年変わるため、引き継ぎ等のためこの時期から始まっていきます。 
「毎年ふるさと宮まつり総括責任者が変わって大丈夫なの?」とお思いでしょうが、何年か運営スタッフを経験したメンバーがふるさと宮まつり総括責任者として職務遂行していますのでご安心下さい。本来であれば毎年同じ人で運営をした方が良いのではと思いがちですが、新鮮な考え方やアイデアを思った人、次代を担う若い人に参加をして頂き、今よりももっと良い宮まつりにするために、毎年スタッフを入れ替え企画運営を会議しております。
 もっとも全員が入れ替わると何も出来なくなってしまうので、経験豊富なスタッフが新しいスタッフのサポートをしております。
総括責任者という役職は責任感もさることながら、各方面で重責を担うところですので、毎年行うのは実質上難しいかと思います。
 もちろんボランティアでのスタッフ参加ですので、その方面から考えましてもご理解頂けるかと思います。
 さて、今年最初の事務局会議は、基本的には顔合わせですが、今年の方向性や、昨年度の反省点等を含めた引き継ぎが行われました。
 今年の内容はまだはっきりとは決定しておりませんが、例年の催し物を中心に、参加者及び観客全ての市民の皆様が楽しめるまつりを作っていこうと一回目の会議は終了しました。
 今後毎週会議を重ね、4月下旬に開催される宮まつり運営委員会に今年の内容を提出出来るよう、事務局メンバー一同精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

ふるさと宮まつり開催委員会:宇都宮観光コンベンション内 TEL028−633−8766
個人情報の取り扱い / 著作権・リンクについて / 免責事項      Copyright(C)2006 Furusato Miyamatsuri Kaisaiiinnkai All Rights Reserved